出会いを活性化するのも自分を知ること、生きることからー婚活・パートナー

コダマ凛です。




婚活をされていた方が久しぶりに訪れていただき、 2021年2月ぐらいに来ていただいて、その後とこれからのご相談でサロンに来てくださいました。




夏頃(恐らく何月かとかはお伝えしていたのかも)に出会いがとお伝えしていたところ、 出会いがあり、するりするりと話が進まれていているとのお話がありました。 長い間、色々なことでご相談いただいている方なのでとても嬉しいお話です。




このタイミングなのですねと思いました。




人にとっての結婚、相手の方とこのタイミングで引き寄せあったということは 互いにとって相手を必要とする意味はそれぞれ違います。同じだと思うと失望は増大します。 掛け替えのない人として感じたいという思いが強くなると依存的な気持ちも増大してしまいますよ。 自分だけではできないことを互いに助け合いながら、それは互いの存在そのものを感じて、そばにいることで行われること。 未来の変化がいつもついて回るのが結婚やパートナーシップ(これは夫婦関係だけでなく、すべての人間関係を含む)がいつもその時々の自由と可能性で担保されていることが関係性を幸せに感じられるのではないでしょうか。




出会いは、その未来が含まれて、言葉を超えて、引き寄せあい、今このタイミングで準備ができて互いを必要だと認識する。 もちろん問題は山積するかもしれません。他人同士が出会って、暮らすのですから。血族でも大変なのに。 血族でないから、他人だから良いともいえます。




先日別の方から婚活関係のお話を伺いました。そして思ったこと。




皆さん、結婚を一般化しすぎているようにも思いますよ。婚活セミナーなどが流行りだそうですが、 やはり結婚て概念でするものでもない。どこかまるで塾や大学の説明会を受けていらっしゃるようでもあります。




残念ながら、恋愛も結婚も仕事もその方独自の性質がもたらします。




それを一般化するとずれていくように思います。「誰かが婚活しているから、婚活に取り組む」のではなく、 ご自分の今を大事にしながら長期的なプロジェクトでもある結婚、パートナーシップです。 もちろん人によると、短期間で人を変えていくような方もいらっしゃいます。 そういう方に長期的な取り組みというと、いちども結婚しないということになるかもしれません。 ここで不思議ですよね。短期間で色々な人と結婚するということが占い的にはありうるということなんですよね。 ご自分の性質も含めて結婚、そしてその結婚がのっている人生について考えていただけたらと思います。





 

ホロスコープが表すものは、その方の興味、そして才能です。 結婚運があるというのは、結婚への抵抗がないというようにも言い換えれます。 抵抗がつよいと近づこうとおもえば思うほど、遠ざかるということ。





進路などの問題はこの前のブログでもお伝えしたように。 皆が同じ時期に進学し、就職せねばならないという社会的な圧力による困難の中で私たちは生きています。もちろん進路、受験などは努力の問題でもあるのですが、やはりタイミングも重要なのです。それが無視されていることも困難に向かい合う。皆と同じ流れに乗らないと不安だと思わされてしまうのかもしれません。




出会い、パートナーとの出会いは必要ならば現れるともいえるんです。それはご自分の気持ちや思いが成熟し、人とかかわる必要ができた。相手にとって必要な人になる時が訪れたともともいえるからです。




もちろん準備ないところで、飛び込んで行かねばならない方もいらっしゃると思います。




結婚という戸籍を一つにするという単なるシステムの中に入るだけなのに、ご自分の中のシステムを無視するのはとても危険ともいえます。




結婚とは何ぞや?結婚とは物ではないのですね。結婚したからと言って、 相手と良い関係を継続できるかどうかもわかりません。 ホロスコープでいう出会い、恋愛、結婚運が訪れる時




単なる制度です。




制度に振り回されないように自分の人生を愛せるように。 そして愛した人生をパートナーと輝いていかれますように。 結婚というのは単なる制度なのですから、その制度に乗るかどうかはその方の価値観であると思います。自由な結婚のスタイルがあってもいいと思います。結婚によって自分の可能性は広がるものであるのに、なんとなく狭くするために行っているようにも思います。




良い人と出会い、共に生きていくという思いは、人類不滅の願い。しかし、恋愛、結婚だけでない人生の価値の中で、恋愛、結婚の選択を一般化しすぎることは自分自身を追い詰めることにもなります。


自分自身の正直な気持ち、タイミングを大事に日々も楽しんでください。

0コメント

  • 1000 / 1000